タイミングのスインガー型か、 パネで聞くパンチャー型か

ゴルファーのタイプには、いろな区分け法があります。

 

体型別、年齢別、男女別、ハンディ別などに分けられます。

 

それぞれに根拠はありますが、スイングの質的なものを考えると、スインガーとパンチャーに分けられます。

 

自分がそのいずれに属するかが、選択の大きな目安となります。

 

力に頼らないでタイミングを優先させるスインガー-タイプか体にバネがあってボールを叩くパンチャー・タイプかの、いずれに属するかを見極めることから、スイングの追求を始めてください。

 

一般的には、年齢の若い人、筋力があって体のがっちりした人はパンチャーです。

 

広めのスタンスで、体のパネを利用し、強くボールをはじき飛ばす打ち方が向いているのです。

 

一方のスインガーは、体型がヤセ型で体の回転を中心にして打つタイプです。

 

ゆったり、のびのびしたフォームでボールを運ぶような感覚ですが、非力な男性や女性などに多いタイプです。

 

もっとも男子プロの中にもスインガlは少なくありません。

 

両者の求めるスイングはまったく異なります。

 

それだけにこの選択を間違えると、なかなか上達しない場合があります。

 

がっちり型でボールを叩きたいのに、スイングの見た目の軽やかさにとらわれて、スインガーを目指したりしても、かえって飛距酬をロスして、悩みが探くなるケースも考えられるのです。

 

初めに自分のタイプを見極めて、見合うスイングの選択を間違えないことです。

 

目標にするプ口ゴルファーや上級者は、自分の体型に近い人を選ぶとよいでしょう。

 

腕や肩の力みは 飛距離をマイナスにする

飛距離を出そうとすると、両腕や肩に力が加わります。

 

これは自然な反応かもしれませんが、このことが逆に距離の出ない原因になる場合があります。

 

なぜ腕や肩に力を加えると、飛距離はマイナスしてしまうのでしょうか。

 

そのもっとも大きな理由は、腕が縮むからです。

 

モノを持ち上げるときには、腕に力を加えます。

 

両ひじの部分を曲げて、モノを下から持ち上げます。

 

その動作はクラブを速く振ることとは、相反したものなのです。

 

腕に力を加えるのは、モノを自分のほうに引っ張り込む動作には有効であっても、ヘッドスピードを上げるために、遠心力を利用してクラブを外に放り出すような動きには、向いていないのです。

 

インパクトで両ひじが曲がり、ボールをすくい上げる態勢になるのは、明らかに腕に力を加えすぎているのです。

 

クラブを自分のほうに引き込む動作になり、ヘッドスピードはっきません。

 

スイングに特別な腕や肩の力は、必要ないのです。

 

わずか300gほどのクラブを、支えるだけの力で十分なのです。

 

“ゆるゆるグリップ“が評価されていますが、腕の力加減にも同じことがいえます。

 

腕に力を加えるほどスピードが弱まるのです。

 

ミート率の良くない人は、完全に腕の力を抜いた素振りをしてみてください。そうすると、ヘッドが走ってくるようになります。

 

練習場やコースでも力加減を極端にダウンさせ、今までの2割程度の力でポールを打ってみます。

 

それでも距離はそんなに落ちないはずです。

 

逆にいえば、それほど腕の力そのものが、スイングには余分な在になるということなのです。

 

右腕のパワーを フォローまでに使い切れ

ゴルフスイングでは、いつも左手ばかりにスポットライトが当たって、なぜか右手は邪魔者扱いされています。

 

多くの人が右を利き手としているということは、それだけ器朋で筋力が勝っているということです。

 

この右手を効果的に使うことを考えた方がよいのです。

 

ひと昔前はトップで作ったコックの形をキープして、左手をボールに向かって直線的に下ろしてくる「レートヒット理論」が主流でした。

 

コックをほどかず、インパクトで一気にパワーを爆発させる手の使い方は、動きが「急」なだけに、器用な右手を率先して使うとヘッドが返りすぎてしまう弊害が出たのです。

 

そこで、左手のリードを強調して、右手に余計な仕事をさせないようにしていたのです。

 

しかし、ムワではゴルフクラブの性能も格段にアップしたおかげで、インパクトだけにパワーを集中させなくても、スイングの流れをよくしてあげることで、十分な飛距離が出るようになりました。

 

つまり、必要以上の細工を施す必要がなくなったわけです。

 

そこで、右手の効果的な使い方ですが、トップからインパクト、フォローにかけて、右腕をしっかり伸ばしていきます。

 

私流にいえば、お釣りのないように右腕をしっかり使いきることを目指します。

 

インパクトの段階で、右腕が大きく曲がっているようでは、お釣りがある状態で、効率よく右腕を使えているとはいえないのです。

 

トップの位置では、右腕はたたまれていますから、切り返した瞬間から右腕の力を抜き遠心力に任せるように右腕を伸ばしはじめましょう。

 

それによって、フォローで右手がしっかり伸びて、飛距離アップにつながってくるのです。

 

遠回りしない腕使いで、 ヘッドスピードを上げる

1ヤードでも遠くへ飛ばしたいと考えたとき、あなたならスングアークを大きくすることを心がけますか?

 

それともヘッドスピードを上げることを心がけますか?

 

私がおすすめするのは、ヘッドスピードを上げる方法です。

 

しかし、アマチュアゴルファーがヘッドスピードを上げようとすると、必要以上に力を入れてスイングを崩してしまいがちです。

 

それでは、ヘッドスピードを上げるためにはどうしたらよいか。

 

それは、腕を最短距離で動かすことです。

 

左のフィギュアスケートの回転のイラストを見てください。

 

最初は両腕を左右に広げてゆっくり回転しますが、途中から両腕を体の前に交差させると回転速度が一気にアップします。

 

これを科学的には「慣性モーメントが小さくなり、回転スピードが上がった」と説明することができます。

 

ゴルフのスイングでも同じことがいえます。

 

たとえば、「イーチ」と数える聞に、腕をピンと伸ばして振るのと、腕をたたんで体の近くを振るのとでは、後者の方が少ない腕の動きで、ヘッドはより多くの距離を動くことになるのです。

 

たんに腕をたたむだけでは、スイングのリズムが失われ、手先だけで打ってしまう危険性があるので、実戦ではこう考えるとよいでしょう。

 

スイング中は、腕全体ではなく、つねに二の腕を胸の近くにキープすることをイメージします。

 

クラブを振るときに遠心力で腕の先端が外へと引っ張られるので、二の腕を胸側に軽く引きつける感じがいいでしょう。

 

この関係を保てれば、腕を最短距離で振ってヘッドスピードをアップさせることができるのです。

 

「体の回転」+「ねじれ」 でパワーを生み出す

「スイングとはなにか?」と問われたら、その答えはひとことでいうと「軸回転」となるでしょう。

 

「クラブを腕で振る」や「ボlルを手で打つ」と答えるのも間違ってはいませんが、とくにこれからゴルフをはじめようとする入門段階にある人は、「スイングとは回転運動である」ことを強くイメージしておくべきでしょう。

 

ボールを目の前にすると、つい手だけで打ちにいきたくなりますが、その意識が上達を阻んでしまうのです。

 

たとえば、器用な手先だけに頼ると、地面にあるボlルをすくい上げる打ち方になりがちです。

 

こうした動きの蓄積が、セオリーからかけ離れた自己流のスイングをつくりだしてしまうのです。

 

そうならないように、まずスイングとは何か、正しい認識を持つ必要があります。

 

背骨または首のつけ根を軸にして、コマのように上半身を回転させることがスイングの基本です。

 

背骨をまっすぐな1本の軸にして、肩と腰を右に回していくのがスイングの始動になります。

 

パックスイングは、単なる回転というよりも、動かない下半身と回転する上半身によってねじれの差をつくり、パワーを蓄積させます。

 

ダウンからは、体のねじりを解き放ちながらフィニッシュへ向けて体をスムーズに回転させていくのです。

 

クラブを持ったときだけでなく、ふだんの日常生活の中でも練習する方法はあります。

 

たとえば、イスに座ったときに上半身を右、左とねじるなど、簡単な動作のくり返しが、胸を振る(体の回転)イメージを体に刻んでくれます。