遠回りしない腕使いで、 ヘッドスピードを上げる

1ヤードでも遠くへ飛ばしたいと考えたとき、あなたならスングアークを大きくすることを心がけますか?

 

それともヘッドスピードを上げることを心がけますか?

 

私がおすすめするのは、ヘッドスピードを上げる方法です。

 

しかし、アマチュアゴルファーがヘッドスピードを上げようとすると、必要以上に力を入れてスイングを崩してしまいがちです。

 

それでは、ヘッドスピードを上げるためにはどうしたらよいか。

 

それは、腕を最短距離で動かすことです。

 

左のフィギュアスケートの回転のイラストを見てください。

 

最初は両腕を左右に広げてゆっくり回転しますが、途中から両腕を体の前に交差させると回転速度が一気にアップします。

 

これを科学的には「慣性モーメントが小さくなり、回転スピードが上がった」と説明することができます。

 

ゴルフのスイングでも同じことがいえます。

 

たとえば、「イーチ」と数える聞に、腕をピンと伸ばして振るのと、腕をたたんで体の近くを振るのとでは、後者の方が少ない腕の動きで、ヘッドはより多くの距離を動くことになるのです。

 

たんに腕をたたむだけでは、スイングのリズムが失われ、手先だけで打ってしまう危険性があるので、実戦ではこう考えるとよいでしょう。

 

スイング中は、腕全体ではなく、つねに二の腕を胸の近くにキープすることをイメージします。

 

クラブを振るときに遠心力で腕の先端が外へと引っ張られるので、二の腕を胸側に軽く引きつける感じがいいでしょう。

 

この関係を保てれば、腕を最短距離で振ってヘッドスピードをアップさせることができるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>