「体の回転」+「ねじれ」 でパワーを生み出す

「スイングとはなにか?」と問われたら、その答えはひとことでいうと「軸回転」となるでしょう。

 

「クラブを腕で振る」や「ボlルを手で打つ」と答えるのも間違ってはいませんが、とくにこれからゴルフをはじめようとする入門段階にある人は、「スイングとは回転運動である」ことを強くイメージしておくべきでしょう。

 

ボールを目の前にすると、つい手だけで打ちにいきたくなりますが、その意識が上達を阻んでしまうのです。

 

たとえば、器用な手先だけに頼ると、地面にあるボlルをすくい上げる打ち方になりがちです。

 

こうした動きの蓄積が、セオリーからかけ離れた自己流のスイングをつくりだしてしまうのです。

 

そうならないように、まずスイングとは何か、正しい認識を持つ必要があります。

 

背骨または首のつけ根を軸にして、コマのように上半身を回転させることがスイングの基本です。

 

背骨をまっすぐな1本の軸にして、肩と腰を右に回していくのがスイングの始動になります。

 

パックスイングは、単なる回転というよりも、動かない下半身と回転する上半身によってねじれの差をつくり、パワーを蓄積させます。

 

ダウンからは、体のねじりを解き放ちながらフィニッシュへ向けて体をスムーズに回転させていくのです。

 

クラブを持ったときだけでなく、ふだんの日常生活の中でも練習する方法はあります。

 

たとえば、イスに座ったときに上半身を右、左とねじるなど、簡単な動作のくり返しが、胸を振る(体の回転)イメージを体に刻んでくれます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>