真上からドライバーを まっすぐ下ろした位置

はたして、ボールと体の間隔はどれくらい離れて立つのが、正解なのでしょうか?

 
その目安となるのがグリップ・エンドとおへそとの空間です。ここに握りこぶしが1つ半から2つ入るくらいが適切な間隔です。

 
リストの位置でいえばちょうど自分のアゴの真下か、やや前に出た位置です。

 

 

右腕は左の写真のように、地面に対して垂直から、やや前に出た斜めの角度になっていれば適切な間隔です。

 
これ以上、手を前に出してはボールから離れすぎです。

 

 

反対に、手が体に近すぎると、手の通り道がなくなって、詰まったインパクトになり、反動で体が逃げてしまいます。

 

 
ボールとの間隔を決める方法としては、剣道の「上段の構え」のように両手でクラブを頭の真上に持っていき、そこから真下にクラブを下ろしてきます。

 

こうして地面にクラブが触れた位置がボールの位置であり、自分とボlルとの間合いができたことになるのです。

 

 
この方法のメリットは、自分の構えが大きくなるという点です。

 

 
実戦ではとかく姿勢は小さくなりがちですが、真上にドライバーを振りかぶることによって、背筋が伸び、全体に大きな姿勢が取れるようになります。

 

 
ボールと体の間隔が正しければ、スイング面も一定してきます。

 

 
梢えたときに右肩とボールの結んだ組は、地面に対しては斜めになりますが、この角度がスイング面です。

 

 
その面に沿ってクラブが動いていけば、クセのない素直なスイングとなります。

 

 

それだけ、再現性の高い安定したスイングが得られるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>