左足かかと線上に一けば 自然とアッパーに当たる

インパクトはアッパー軌道で迎えます。

 

ヘッドがスイング円の最下点を通過し、わずかに上昇気味になった軌道でティアップしたボールをとらえるのが、もっとも飛距離の出るインパクトです。

 
アドレスの段階で、すでにその準備をしておきます。

 

基本的に”クリップしたりストの真下がスイング軌道の最下点だから、ボールが左足太ももの内側よりも左にあればアッパー軌道でとらえることができます。

 

ドライバーのボlルの位置は、左足かかとの内側線上ということになります。

 

飛球線上にあるボールから垂線を自分のほうに引き下ろしてきて、その線に左足かかと内側を合わせれば、左足かかと線上に正しくボールをセットしたことになります。

 

ボールの位置を勘違いするケースが、多く見受けられます。

 

 

ミート率が低いと、どうしても中(中央)に入れがちですが、ボールを中に入れれば入れるほど、クラブを振り抜けず、詰まったインパクトになります。

 

上からの軌道、つまり急角度になって上から下へ打ち込む軌道になり、テンブラショットになったりしがちです。

 
自分でなんとかしようとして調節したりすると、余計に芯を外した大きなミスを引き起こすのです。

 
ボールの位置を間違えただけで、このように多くのミスが起きるわけです。

 

 

せっかく正しい位置に置いたにもかかわらず、左足寄りだからといって、上体でボールを迎
えにいかないことです。

 
あくまでアドレス時点、つまりリストの位置で最下点が決まりアッパーに振る準備はできているの
だから、ビハインド・ザ・ポlルの態勢でリズムよく振ることを心がけます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>