ジャンプして着地した ときのバランスがベスト

スイングは軸回転です。

 

まっすぐに伸ばした背骨を中心軸として、体を回転させます。

 

 

この動きをすれば、再現性が高いのです。

 

 

理想のスイングとは、いつも同じ軌道でクラブが振れるということで、その根源をなすのが、軸がいつも固定しているということです。

 

 
ところが、軸というのは傾いたり壊れたりしやすいのです。

 

 

まっすぐ直立した姿勢をわずかに前傾させたのがアドレスの正しい姿勢(ポスチユア)で、実際には右や左、そして前や後ろへと、あらゆる方向に傾きやすいのです。

 

 

自信がなければ背中が丸くなって軸がゆがむでしょうし、球を上げたいと思えば、極端に軸が右に傾いた、右肩下がりの姿勢になりがちです。

 

 
こうした軸の傾きを直すには、構えをつくってから、その姿勢のままその場で軽くジャンプします。

 

 
軽く空中に飛び上がり、両ひざをクッションさせて着地すれば、両足に均等に体重がかかった姿勢になります。

 

 
均等のこの体重配分になれば、軸は傾いていないのです。

 

 
体が傾いていると感じたら、その場で軽くジャンプしてみます。

 

 
これでまっすぐなニュートラルの姿勢に戻ります。

 

 

なんの感情も入らず、自然に立った姿勢。これが簡単にできる正しい飛ばしのポスチユアです。

 

ゴルフ場 安いところをお探しのあなたはコチラ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>