指の感覚を生かすために 右手はフィンガーで握る

右手は、左手とは一味異なった握り方をします。

 
左手はかぶせたストロング・スタイルですが、右手のほうは、クラブを指の第一関節から第二関節の聞に当てがい、手のひらを目標に向けながら、中指と薬指をシャフトに対して下から巻きつけるようにします。

 
人差し指と親指の描くV字は、自分の右耳のやや外を向く方向になります。

 

 

また、人差し指の腹に親指の先が軽く振れ、この2本指で輸をつくります。といっても、この指に力を入れてはいけません。

 

 

最後に右手のひら中央のへこみで左手親指を包み込み、右手のグリップは完成です。

 

 
右手のこの形は、フインガl型と呼ばれるものです。

 

 

手のひらで支えるよりも、むしろ指でシャフトをつまむ感じです。

 

 
やや頼りない印象を受けるかもしませんが、右グリップは手のひらで握ってわざと影響力を少なくするよりも、感覚の鋭い指先を使った方がパワーや方向性が出るようになります。

 

 
良くない握り方は、右手をかぶせて探く持つ方法です。

 

 

初心者ほどしっかりクラブを持とうとして、右手を深くかぶせがちで、V字が自分の左耳を指すほど深く握ったりします。

 

 
これではクラブをしっかり持つことはできても、スピードを殺してしまいます。

 

 

右腕はもともとフォローでは前に出にくい形になっていますが、深く持っとその傾向が余計に強まり、左懐に引き込むフォローになるのです。

 

 

軌道が極端なアウトサイド・インとなって、スライスの原因になってしまいます。右手は指先の感覚を大事にしたグリップをすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>