しっかり握れて手がシコフル に使えるフックグリップ

パワー・グリップと呼ばれているのが、左手を深くかぶせたフックアップクリップです。

 

左手首は平らでなく、やや甲側に折れますが、構えたときに左手親指つけ根のふくらみで、上からクラブを押さえつけた感じになります。

 
自分の手を真上から見下ろすと、左手の親指がシャフトの右に外れ、左手ナックル(指のつけ根外側の関節部分)が2っか、それとも3っか見えます。

 

 

親指と人差し指のV字が右ほおをさす角度になり、したがって左手甲は斜め左上を向きます。

 
このように左手を握ればクラブを探く持ってしっかり支えられるので、スイング中、手の中でクラブがぐらついたりすることもなくなります。

 
さらに、トップでシャフトが左手親指の腹部の上に乗るので、オーバースイングが避けられます。クラブもしっかり固定され、トップはいつも一定の位置に納まります。

 

 

トップでの狂いのない握り方といえます。

 
左手はインパクトに向けて”引く“のが役目であり、さらに、フィニッシュに向けてスイングをリードします。

 

 

この役目を十分に機能させるには、左手をかぶせたフック型が有効です。

 
アドレス時の斜め上向きの左手甲の向きが正しいインパクトの形です。

 

 

スクエアグリップのよ、つに甲を飛球線に向けるとフェースがかぶってしまうので要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>