手順を一定にすることで 正しい構えができる

アドレスに入る手順にはいろいろな方法がありますが、共通しているのは”プレショット・ルーテイン“として、つねに一定の動作を行うことです。スイングそのものも大事ですが、この動作のショットへの効果も絶大です。

 

 

打つ前の動作を一定にすることによって、いつも同じ構えができ、目標に正しく立てるというメリットがあります。

 

 

さらに、慣れたいつもの動作をとることは、プレッシャー対策にもなるのです。

 

 
自分が行うべき動作を決めておけば、プレッシャーがあったとしても、かなり抑えられるのです。

 

 

そのような効果を踏まえた上で、実際にどのような手順でアドレスするかです。

 
まずティアップしたら、後方に下がって目標や目標線を確認します。

 

 

同時にどんな球すじでいくのか、ナイス・ショットのイメージを強く描きます。

 

 

ここで不安があると、うまくいきません。

 

 

これからのショットに気持ちを集中させながら、ボールの飛んでいく弾道を頭の中に描くのです。

 

 

ここで素振りをしても構いません。つぎに右手にクラブを持ちながらボールの位置に戻ります。

 

 

右手で持つのは、このほうがグリップしやすく、クラブを目標に合わせやすいからです。

 

 
ボールの前に戻ったら、右足のだいたいの位置を決め、右腕を伸ばしてフェースを目標に直角(スクェア)に合わせます。

 

 

つぎに左足の位置を決め、その聞に両手のグリップをつくります。

 

 

最後に両足の位置の調節を行い、最終の栴えを完成させます。

 
素振りの時間を入れても、この間、わずかに日秒程度。

 

 

しかし、スイングと同じくらいに重要な意味を持つのが、このアドレスの手順です。

 

 

ショット前の動作を一定にすることで、どんな状況においても同様なアドレスをつくることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>