安定した下半身が ねじれのパワーを引き出す

スイング中、下半身をどのように使うかは大きなテーマです。

本来ならば、柔らかいフットワークを使ったほうが、ダイナミックで、しかもバランスのよいスイングに近づきます。

しかし、多くのアマチュアの場合、足の動きばかりが過剰になり、腕が振れなくなったり、ひざの上下動が激しくなって、芯で球をとらえる確率が低くなってしまいます。

十分な練習量が確保できないアマチュアであれば、どっしりと下半身を固定させ、フットワークをおさえるスイングを目指していくべきでしょう。

下半身を固定するのには、正確な回転に必要な「軸」をしっかりさせる意味と、飛距離を出すのに不可欠な「ねじれのパワl」を蓄積する意味があります。

パワーを蓄積するために体をひねり、上半身と下半身の「ねじれの差」をつくることを説明しましたが、足がフラついて上半身と同じ方向へ一緒に回ってしまっては、たんに回転するだけにとどまってしまいます。

たとえば、消しゴムの下部を机に固定し、上部を人間の肩に見立てて卯度回してみます。

はちきれんばかりのパワーが蓄えられるのがイメージできるはずです。

足は大きく動かすほど、肩の回転が意味のないものになります。

といっても、上半身をしっかりひねると、下半身もつられて回りそうになります。

そんなときは、両足のひざの向きに注意します。スイング中のひざが、必ず正面を向いているようにします。上半身につられて多少足が動いたとしても、ひざが正面を向いてさえいれば、パワーのロスは防ぐことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>