グリップ・エンドを胸の 中心に向けて体を回す

体の動きには中心軸がないと、再現性のないスイングになってしまいます。

 

中心軸は背骨です。これを1本の軸と見なして、体を回転させていくのがスイングです。

 

静止したボールを打つのですから、必ず動きの中心となる部分が必要です。

 

それが自分の背骨です。

 

軸回転とは背骨を軸として体を回転させる動きですが、体を直立させて左右の肩を水平に回せば、自然に背骨が中心軸となります。

 

さらに、スイングは腕と胴体を一体化させ、ワンピースにして動かさないとフェースが戻ってきません。

 

肩の回転に加えて腕の動きを同調させます。

 

腕だけが勝手に動いては、クラブが波打ったりする手打ちになってしまいます。

 

腕と胴体が一致した軸回転をしているかどうかを、見極める方法があります。

 

アドレスの姿勢をとりますが、ここでドライバーを、つんと短く持ちます。

 

グリップ・エンドが自分の胸の中心に触れるくらい短くして、シャフト部分を握ります。

 

このポーズをとったら、パックスイングしてみます。

 

トップまで動かさなくともハーフスイングの要領で左肩を回していきます。

 

この動きの中で、もしクラブと胸の角度の関係が変わったら軸回転はできていません。

 

グリップ・エンドが自分の胸の中心を指していれば、背骨を中心とした軸回転ができているのです。

 

エンドが胸から外れるようであれば、腕だけでクラブを動かしているのです。

 

下半身を固定しておいて、胸を右に向けるようにすれば、エンドは胸の中心から外れたりしません。

 

このチェック法で、腕と胴体をワンピースにして回転させる基本動作が、マスターできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>