腕や肩の力みは 飛距離をマイナスにする

飛距離を出そうとすると、両腕や肩に力が加わります。

 

これは自然な反応かもしれませんが、このことが逆に距離の出ない原因になる場合があります。

 

なぜ腕や肩に力を加えると、飛距離はマイナスしてしまうのでしょうか。

 

そのもっとも大きな理由は、腕が縮むからです。

 

モノを持ち上げるときには、腕に力を加えます。

 

両ひじの部分を曲げて、モノを下から持ち上げます。

 

その動作はクラブを速く振ることとは、相反したものなのです。

 

腕に力を加えるのは、モノを自分のほうに引っ張り込む動作には有効であっても、ヘッドスピードを上げるために、遠心力を利用してクラブを外に放り出すような動きには、向いていないのです。

 

インパクトで両ひじが曲がり、ボールをすくい上げる態勢になるのは、明らかに腕に力を加えすぎているのです。

 

クラブを自分のほうに引き込む動作になり、ヘッドスピードはっきません。

 

スイングに特別な腕や肩の力は、必要ないのです。

 

わずか300gほどのクラブを、支えるだけの力で十分なのです。

 

“ゆるゆるグリップ“が評価されていますが、腕の力加減にも同じことがいえます。

 

腕に力を加えるほどスピードが弱まるのです。

 

ミート率の良くない人は、完全に腕の力を抜いた素振りをしてみてください。

 

そうすると、ヘッドが走ってくるようになります。

 

練習場やコースでも力加減を極端にダウンさせ、今までの2割程度の力でポールを打ってみます。

 

それでも距離はそんなに落ちないはずです。

 

逆にいえば、それほど腕の力そのものが、スイングには余分な存在になるということなのです。

 

ゴルフクラブを売るなら今すぐコチラ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>