ボールの後ろに体重が 残っているほうが飛ぶ

自分の体重が十分に乗った球は飛距離が出ます。

 

軽くクラブを振っているように見えても、体重が乗っていれば、球は意外なほど飛んでくれます。

 

この場合の「体重の乗った球」とはどういう意味でしょう。

 

野球など他の球技でも度々使われる言葉ですが、感覚的な表現だけにつかみにくいところがあります。

 

「体重の乗った球」の打ち方で間違えやすいのは、トップからの切り返し段階で、左サイドへ一気に体重を移してしまうことです。

 

この形では重心が前に突っ込んでいるので、思い切って腕が振れなくなります。

 

クラブの軌道も上からドスンと落ちてくるだけになってしまったり、極端なアウトサイドインになったりします。

 

「体重の乗った球」を打つには、下半身、がまるで地中に根を張っているように安定していることが必須条件となります。

 

球を打とうとすると飛球方向への遠心力に体が引っ張られるわけですから、その動きをさせまいとする背筋の抵抗が飛ばしのカギを握るのです。

 

ビハインド・ザ・ポールという言葉があるように、ボールを打ち抜くまでは、つねにボールの後ろに頭を置いておかなくてはならないのです。

 

自分の視点から見れば、腕を伸ばしていきながら、ボールを目標方向へ「押して」いくイメージになります。

 

急激な体重移動で頭がボールの先に出てしまうと「押す」のではなく「引く」イメージになってしまいます。

 

インパクトまでは頭をボlルの後ろに残し、飛球方向に腕や体が引っ張られるのを背筋に張りを持たせながら抵抗します。

 

これができるとスイングのパワーがロスなくボールに伝わるようになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>