タイミングのスインガー型か、 パネで聞くパンチャー型か

ゴルファーのタイプには、いろな区分け法があります。

 

体型別、年齢別、男女別、ハンディ別などに分けられます。

 

それぞれに根拠はありますが、スイングの質的なものを考えると、スインガーとパンチャーに分けられます。

 

自分がそのいずれに属するかが、選択の大きな目安となります。

 

力に頼らないでタイミングを優先させるスインガー-タイプか体にバネがあってボールを叩くパンチャー・タイプかの、いずれに属するかを見極めることから、スイングの追求を始めてください。

 

一般的には、年齢の若い人、筋力があって体のがっちりした人はパンチャーです。

 

広めのスタンスで、体のパネを利用し、強くボールをはじき飛ばす打ち方が向いているのです。

 

一方のスインガーは、体型がヤセ型で体の回転を中心にして打つタイプです。

 

ゆったり、のびのびしたフォームでボールを運ぶような感覚ですが、非力な男性や女性などに多いタイプです。

 

もっとも男子プロの中にもスインガlは少なくありません。

 

両者の求めるスイングはまったく異なります。

 

それだけにこの選択を間違えると、なかなか上達しない場合があります。

 

がっちり型でボールを叩きたいのに、スイングの見た目の軽やかさにとらわれて、スインガーを目指したりしても、かえって飛距酬をロスして、悩みが探くなるケースも考えられるのです。

 

初めに自分のタイプを見極めて、見合うスイングの選択を間違えないことです。

 

目標にするプ口ゴルファーや上級者は、自分の体型に近い人を選ぶとよいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>