右腕のパワーを フォローまでに使い切れ

ゴルフスイングでは、いつも左手ばかりにスポットライトが当たって、なぜか右手は邪魔者扱いされています。

 

多くの人が右を利き手としているということは、それだけ器朋で筋力が勝っているということです。

 

この右手を効果的に使うことを考えた方がよいのです。

 

ひと昔前はトップで作ったコックの形をキープして、左手をボールに向かって直線的に下ろしてくる「レートヒット理論」が主流でした。

 

コックをほどかず、インパクトで一気にパワーを爆発させる手の使い方は、動きが「急」なだけに、器用な右手を率先して使うとヘッドが返りすぎてしまう弊害が出たのです。

 

そこで、左手のリードを強調して、右手に余計な仕事をさせないようにしていたのです。

 

しかし、ムワではゴルフクラブの性能も格段にアップしたおかげで、インパクトだけにパワーを集中させなくても、スイングの流れをよくしてあげることで、十分な飛距離が出るようになりました。

 

つまり、必要以上の細工を施す必要がなくなったわけです。

 

そこで、右手の効果的な使い方ですが、トップからインパクト、フォローにかけて、右腕をしっかり伸ばしていきます。

 

私流にいえば、お釣りのないように右腕をしっかり使いきることを目指します。

 

インパクトの段階で、右腕が大きく曲がっているようでは、お釣りがある状態で、効率よく右腕を使えているとはいえないのです。

 

トップの位置では、右腕はたたまれていますから、切り返した瞬間から右腕の力を抜き遠心力に任せるように右腕を伸ばしはじめましょう。

 

それによって、フォローで右手がしっかり伸びて、飛距離アップにつながってくるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>