真上からドライバーを まっすぐ下ろした位置

はたして、ボールと体の間隔はどれくらい離れて立つのが、正解なのでしょうか?

 
その目安となるのがグリップ・エンドとおへそとの空間です。ここに握りこぶしが1つ半から2つ入るくらいが適切な間隔です。

 
リストの位置でいえばちょうど自分のアゴの真下か、やや前に出た位置です。

 

 

右腕は左の写真のように、地面に対して垂直から、やや前に出た斜めの角度になっていれば適切な間隔です。

 
これ以上、手を前に出してはボールから離れすぎです。

 

 

反対に、手が体に近すぎると、手の通り道がなくなって、詰まったインパクトになり、反動で体が逃げてしまいます。

 

 
ボールとの間隔を決める方法としては、剣道の「上段の構え」のように両手でクラブを頭の真上に持っていき、そこから真下にクラブを下ろしてきます。

 

こうして地面にクラブが触れた位置がボールの位置であり、自分とボlルとの間合いができたことになるのです。

 

 
この方法のメリットは、自分の構えが大きくなるという点です。

 

 
実戦ではとかく姿勢は小さくなりがちですが、真上にドライバーを振りかぶることによって、背筋が伸び、全体に大きな姿勢が取れるようになります。

 

 
ボールと体の間隔が正しければ、スイング面も一定してきます。

 

 
梢えたときに右肩とボールの結んだ組は、地面に対しては斜めになりますが、この角度がスイング面です。

 

 
その面に沿ってクラブが動いていけば、クセのない素直なスイングとなります。

 

 

それだけ、再現性の高い安定したスイングが得られるのです。

左足かかと線上に一けば 自然とアッパーに当たる

インパクトはアッパー軌道で迎えます。

 

ヘッドがスイング円の最下点を通過し、わずかに上昇気味になった軌道でティアップしたボールをとらえるのが、もっとも飛距離の出るインパクトです。

 
アドレスの段階で、すでにその準備をしておきます。

 

基本的に”クリップしたりストの真下がスイング軌道の最下点だから、ボールが左足太ももの内側よりも左にあればアッパー軌道でとらえることができます。

 

ドライバーのボlルの位置は、左足かかとの内側線上ということになります。

 

飛球線上にあるボールから垂線を自分のほうに引き下ろしてきて、その線に左足かかと内側を合わせれば、左足かかと線上に正しくボールをセットしたことになります。

 

ボールの位置を勘違いするケースが、多く見受けられます。

 

 

ミート率が低いと、どうしても中(中央)に入れがちですが、ボールを中に入れれば入れるほど、クラブを振り抜けず、詰まったインパクトになります。

 

上からの軌道、つまり急角度になって上から下へ打ち込む軌道になり、テンブラショットになったりしがちです。

 
自分でなんとかしようとして調節したりすると、余計に芯を外した大きなミスを引き起こすのです。

 
ボールの位置を間違えただけで、このように多くのミスが起きるわけです。

 

 

せっかく正しい位置に置いたにもかかわらず、左足寄りだからといって、上体でボールを迎
えにいかないことです。

 
あくまでアドレス時点、つまりリストの位置で最下点が決まりアッパーに振る準備はできているの
だから、ビハインド・ザ・ポlルの態勢でリズムよく振ることを心がけます。

 

 

 

指の感覚を生かすために 右手はフィンガーで握る

右手は、左手とは一味異なった握り方をします。

 
左手はかぶせたストロング・スタイルですが、右手のほうは、クラブを指の第一関節から第二関節の聞に当てがい、手のひらを目標に向けながら、中指と薬指をシャフトに対して下から巻きつけるようにします。

 
人差し指と親指の描くV字は、自分の右耳のやや外を向く方向になります。

 

 

また、人差し指の腹に親指の先が軽く振れ、この2本指で輸をつくります。といっても、この指に力を入れてはいけません。

 

 

最後に右手のひら中央のへこみで左手親指を包み込み、右手のグリップは完成です。

 

 
右手のこの形は、フインガl型と呼ばれるものです。

 

 

手のひらで支えるよりも、むしろ指でシャフトをつまむ感じです。

 

 
やや頼りない印象を受けるかもしませんが、右グリップは手のひらで握ってわざと影響力を少なくするよりも、感覚の鋭い指先を使った方がパワーや方向性が出るようになります。

 

 
良くない握り方は、右手をかぶせて探く持つ方法です。

 

 

初心者ほどしっかりクラブを持とうとして、右手を深くかぶせがちで、V字が自分の左耳を指すほど深く握ったりします。

 

 
これではクラブをしっかり持つことはできても、スピードを殺してしまいます。

 

 

右腕はもともとフォローでは前に出にくい形になっていますが、深く持っとその傾向が余計に強まり、左懐に引き込むフォローになるのです。

 

 

軌道が極端なアウトサイド・インとなって、スライスの原因になってしまいます。右手は指先の感覚を大事にしたグリップをすることです。

しっかり握れて手がシコフル に使えるフックグリップ

パワー・グリップと呼ばれているのが、左手を深くかぶせたフックアップクリップです。

 

左手首は平らでなく、やや甲側に折れますが、構えたときに左手親指つけ根のふくらみで、上からクラブを押さえつけた感じになります。

 
自分の手を真上から見下ろすと、左手の親指がシャフトの右に外れ、左手ナックル(指のつけ根外側の関節部分)が2っか、それとも3っか見えます。

 

 

親指と人差し指のV字が右ほおをさす角度になり、したがって左手甲は斜め左上を向きます。

 
このように左手を握ればクラブを探く持ってしっかり支えられるので、スイング中、手の中でクラブがぐらついたりすることもなくなります。

 
さらに、トップでシャフトが左手親指の腹部の上に乗るので、オーバースイングが避けられます。クラブもしっかり固定され、トップはいつも一定の位置に納まります。

 

 

トップでの狂いのない握り方といえます。

 
左手はインパクトに向けて”引く“のが役目であり、さらに、フィニッシュに向けてスイングをリードします。

 

 

この役目を十分に機能させるには、左手をかぶせたフック型が有効です。

 
アドレス時の斜め上向きの左手甲の向きが正しいインパクトの形です。

 

 

スクエアグリップのよ、つに甲を飛球線に向けるとフェースがかぶってしまうので要注意です。

ジャンプして着地した ときのバランスがベスト

スイングは軸回転です。

 

まっすぐに伸ばした背骨を中心軸として、体を回転させます。

 

 

この動きをすれば、再現性が高いのです。

 

 

理想のスイングとは、いつも同じ軌道でクラブが振れるということで、その根源をなすのが、軸がいつも固定しているということです。

 

 
ところが、軸というのは傾いたり壊れたりしやすいのです。

 

 

まっすぐ直立した姿勢をわずかに前傾させたのがアドレスの正しい姿勢(ポスチユア)で、実際には右や左、そして前や後ろへと、あらゆる方向に傾きやすいのです。

 

 

自信がなければ背中が丸くなって軸がゆがむでしょうし、球を上げたいと思えば、極端に軸が右に傾いた、右肩下がりの姿勢になりがちです。

 

 
こうした軸の傾きを直すには、構えをつくってから、その姿勢のままその場で軽くジャンプします。

 

 
軽く空中に飛び上がり、両ひざをクッションさせて着地すれば、両足に均等に体重がかかった姿勢になります。

 

 
均等のこの体重配分になれば、軸は傾いていないのです。

 

 
体が傾いていると感じたら、その場で軽くジャンプしてみます。

 

 
これでまっすぐなニュートラルの姿勢に戻ります。

 

 

なんの感情も入らず、自然に立った姿勢。これが簡単にできる正しい飛ばしのポスチユアです。

 

ゴルフ場 安いところをお探しのあなたはコチラ。

 

 

手順を一定にすることで 正しい構えができる

アドレスに入る手順にはいろいろな方法がありますが、共通しているのは”プレショット・ルーテイン“として、つねに一定の動作を行うことです。スイングそのものも大事ですが、この動作のショットへの効果も絶大です。

 

 

打つ前の動作を一定にすることによって、いつも同じ構えができ、目標に正しく立てるというメリットがあります。

 

 

さらに、慣れたいつもの動作をとることは、プレッシャー対策にもなるのです。

 

 
自分が行うべき動作を決めておけば、プレッシャーがあったとしても、かなり抑えられるのです。

 

 

そのような効果を踏まえた上で、実際にどのような手順でアドレスするかです。

 
まずティアップしたら、後方に下がって目標や目標線を確認します。

 

 

同時にどんな球すじでいくのか、ナイス・ショットのイメージを強く描きます。

 

 

ここで不安があると、うまくいきません。

 

 

これからのショットに気持ちを集中させながら、ボールの飛んでいく弾道を頭の中に描くのです。

 

 

ここで素振りをしても構いません。つぎに右手にクラブを持ちながらボールの位置に戻ります。

 

 

右手で持つのは、このほうがグリップしやすく、クラブを目標に合わせやすいからです。

 

 
ボールの前に戻ったら、右足のだいたいの位置を決め、右腕を伸ばしてフェースを目標に直角(スクェア)に合わせます。

 

 

つぎに左足の位置を決め、その聞に両手のグリップをつくります。

 

 

最後に両足の位置の調節を行い、最終の栴えを完成させます。

 
素振りの時間を入れても、この間、わずかに日秒程度。

 

 

しかし、スイングと同じくらいに重要な意味を持つのが、このアドレスの手順です。

 

 

ショット前の動作を一定にすることで、どんな状況においても同様なアドレスをつくることができるのです。